はんなり京梅酒 大原紫蘇梅酒(おおはらしそうめしゅ)720ml

はんなり京梅酒 大原紫蘇梅酒(おおはらしそうめしゅ)720ml
  • はんなり京梅酒 大原紫蘇梅酒(おおはらしそうめしゅ)720ml
  • はんなり京梅酒 大原紫蘇梅酒(おおはらしそうめしゅ)720ml

はんなり京梅酒 大原紫蘇梅酒(おおはらしそうめしゅ)720ml

炭酸割がおすすめ

京都大原の赤紫蘇を使った紫蘇梅酒はとてもきれいなピンク色をしていて見た目も楽しく華やかです。食前酒にぴったりですが、やわらかくすっきりとしているので、食中酒でも料理の味を損ないません。また、夏場に強力な支持を受けているのが、ソーダやサイダー等の炭酸割りです。乳酸飲料で割るのが好きな方も多数いらっしゃいます。お好みの飲み方を探してみてください。

1,430(本体価格 1,300円)

商品コード:

ストレート ロック お湯割り ソーダ割
check check check check
原材料名
米焼酎、日本酒、梅、糖類、紫蘇、蜂蜜 / 酸味料
アルコール度数
12度

杜氏より

大原の赤紫蘇はやわらかく、きれいな色をしています。それだけに、焼酎をベースにした梅酒だと、紫蘇が負けてしまい、苦味が出て、色目も美しくありませんでした。試行錯誤して清酒ベースの梅酒を使うことにたどり着き、紫蘇の色と香りと味を出せるようになりました。紫蘇と梅のハーモニーをお楽しみ下さい。着色料等は使用していないので、開封後は紫蘇の美しい色合いが落ちていきます。早い目にお召し上がり下さい。

この商品についてのレビュー

レビューを書く

この商品のレビューはまだありません

最近チェックした商品CHECKED ITEM

京都・伏見で
360年の歴史を刻む

北川本家は酒株制度の資料以前より、初代 鮒屋四郎兵衛は観月橋付近にて「鮒屋」という船宿を営み、お客様に出す酒をつくっていたといわれています。
それから360年以上、人々に愛される定番酒を造り続けて今に至ります。

清酒「富翁」の誕生

「富翁」が生まれたのは1900年代。

十代目 北川三右衛門が、中国の四書五経の中より「心の豊かな人は晩年になって幸せを得る」という意味を持つ「富此翁(とみ・これ・おきな)」の表現をみつけ、酒銘を「富翁(ふうおう)」としました。

歴史を感じる京都の定番酒として

1999年に杜氏に就任した田島善史は、全国新酒鑑評会において18年間で10回の金賞受賞、京都市伝統産業「未来の名匠」に認定されるなど活躍を続けています。

京の定番酒として、これからも愛される酒造りを行っていきます。